縮毛矯正

 

 

 

 

 

縮毛矯正ついての考え

dscf7247-mov_000006728

ご来店の際のお客様の髪の状態は千差万別です

(ハードなダメージのある方、白髪染めをされている方、健康毛の方)

部分によって薬剤・技術を変えて対応しなくてはいけない

デリケートな作業になります。

 

 当店は、酸性の矯正剤などを駆使し、

できる限り、仕上がりが、一律、になるように、

心がけております。

ACC(アルキリカチオンコンプレックス)により艶を出し、

img_1542

img_1557

img_3976

 

自然な感じの仕上がりになるように心がけております。

 

   縮毛矯正での問題点は、

定期的に続けるということなのですが、

 バージン毛(初回)から1、2回目までは簡単に、とてもいい感じに仕上がります。

(まだ、傷みが少ないので、薬剤の反応が計算しやすい)

 しかし、それ以降、何回か縮毛矯正を施術しておりますと、

 髪のダメージが定着してきて、毛先のビビりや、根元・中間・毛先の手触りや、

髪の状態がハイダメージのところ、そうでないところが、顕著になってきます。

そのようなことから、

髪の、部分部分に応じないと、ちぐはぐな、見た目にも、きれいじゃなくなってくることが多いのです、

 ですから、

いかに、初めて縮毛矯正をかけた状態のように、エンドレスに続けられるかが美容師の技術であると思っております。

 ただ、ビビり毛のように修正できるものとできないものがありますので、

(髪の余力を見極め、ビビらせない、ここがデリケートなところです)

カウンセリングでお伝えできればと思っております。

img_1662img_1673

img_1663img_1675

img_1661img_1672

 

 

 

img_1223img_1229

img_1221img_1226

img_1224img_1232

 

 

img_4901-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_4911

img_4902-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_4912-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_4898img_4908

 

IMG_1574IMG_1579

IMG_1577IMG_1583

IMG_1578IMG_1582

IMG_1576IMG_1581

IMG_1575IMG_1580

 

IMG_3760 IMG_3763

IMG_3760IMG_3764

 

dscf2440dscf2444

dscf2442dscf2443

 

s-IMG_6605s-IMG_6615

s-IMG_6609s-IMG_6616

s-IMG_6612s-IMG_6610

s-IMG_6621s-IMG_6618